オーストリアから近況報告

食品購入のため外出した際に撮影。
青空の下、満開の桜とどなたかが着けた飾りと共に美しくたなびいていました。

近況を報告させて頂きます。思いつくまま書いているので長くまとまりはありませんm(_ _)m

わたしが住んでいるオーストリアでは、3月16日より新型コロナウィルスによる外出規制がかかり、生命維持に必要のある食料品の買い出しや医療機関、軽い運動以外での外出が禁止となりました。
只今3週間目ですが、一先ず4月14日には外出規制自体は解け、400平方メートル以内のショップが開店、5月1日には全ショップの開店が許可となり、店内に入る人数や人と人の距離感等に関する条件規定については暫くの間続くようです。

わたしは現時点で仕事の予定がなく、夫の仕事に関しては少なくとも2021年1月までは停止、その先の目処も立っていない状態となりました。現在代わりになる仕事を探しているものの、このような状況の中、なかなか見つけられません。幸い数カ月間は生活さえしていけますが、早いところ周りのサポートなしに生きていけるよう生計を立てられる仕事を見つけたいところです。

とはいえ、お陰様で現時点では衣食住に不自由はありませんし、心身共に元気に過ごしています。日々祈りながら、希望を握って過ごしています。今週日曜日のイースターを過ごすのは家の中ですが、その日を祝うことを待ち望むだけでも明るく居られます。

勿論世界の状況は良いものでは全くありません。沢山の人々が亡くなり、苦しんでいますし、誰もが明日は我が身かもしれないという状態。日々悲しいニュースが流れてきますし、不安全くゼロな訳もないです。

お子様や老人の方、持病のある方は特に警戒した方が良いというのは勿論のことですが、若く健康であったのにも関わらず亡くなった方の話もこのところよく聞きます。又マスクなどの予防をしていても感染してしまった方もいらっしゃいます。

過度な心配や恐れに支配されないようには気を付けたいですが、しかし隙の無い予防と拡大防止に努める為、食品購入又はウォーキングで外出する際にはマスク必須、帰ってからの手洗いうがい、と洗顔、消毒を徹底しています。皆様もどうか、お身体お心共にご自愛下さい。

話はズレますが、規制中の室内暮らしについて。飼い猫の観察、料理研究、お絵かき、家具の配置変え、などなど探せば色々と楽しめることはありますが、何よりこの時代にインターネットがあって本当に良かったなぁとしみじみ思っています。コロナ以前は疎ましく感じることも多かったのですが、今は情報にのまれないように気を付けながら、大きく大きく助けられています。

お陰で映画鑑賞や読書、アプリを使ったオセロ等のゲーム、You Tubeやズームで行われている面白い試み、音声通話のみならずビデオ通話等。と、インターネットとそのための機器があるだけで色んな楽しみ方ができるので、あまり外に出られなくとも今のところそこまで苦にはなっていません。皆さんの何気ない呟きなど見るだけでホッとできたりもしています。

またこの期間中気を付けていることは予防や情報選別の他に、夫婦関係です。私達は基本的には仲良しですが、恥ずかしい事にお互いにまだまだ精神的若造で言い合いや喧嘩が多く、一緒に居る時間が長くなり頭冷やす時間が取りづらくなれば関係の大悪化になりかねません。ネットサーフィンしているとコロナ離婚等というテーマ記事が流れてきたりして、いやこれもホント、切実だよなぁ、これだって明日は我が身!!とか、凄く思うんです。健康でも、愛を失うならそれも一種の死。。

もちろんそのようなことは絶対に避けたいので、最近は積極的に二人でオンラインのマリッジカウンセリングに参加したり、教会仲間である老夫婦とビデオ通話を用い四人で話しアドバイスを頂く時間を作っていただいたりして、個々と夫婦関係の改善・成長が出来る環境にできる限りで身を置くようにしています。(時間を作って下さる老夫婦に感謝!!) 

因みにまだこれら始めたばかりですが、既に喧嘩が減りました!笑 続けることが大事かなと思うので、コロナ終息しても工夫し続けていくつもりです。このことに関しては外出規制期間が良いきっかけとなりました。
、、と長くなりましたが、そろそろ〆たいと思います。

もう日本を出てから2年半一度も帰国出来ておらず、又今年いっぱいも状態によっては自粛しようと思いますが、日本をとても恋しく思う最近です。

大変な時ですが、お互いに耐え忍び、周りの人たちと励まし合いながら乗り切りましょうね。お元気で居て下さい!!

〜 あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。- マタイによる福音書 6:34 〜

人気の投稿